Skip to content
9月22日(木)21時〜『pot』予約販売開始!

manufacturing

ザハイライツのレザーと生産背景


牛革を使用する意味

1 LWG* 認定タンナー → お客様に安心安全な革を供給すること

2 サスティナビリティ → 地球環境を保護すること

3 アニマルウェルフェア* → 動物福祉、家畜福祉の精神

 

牛革はステアと呼ばれる成牛の革を使用

〈牛肉を食べる〉〈牛乳を搾る〉を目的として、畜産業者は牛を飼育しています。ザハイライツは、 決して牛革を生 産するために飼育はせず、役目を終えた家畜が原皮となります。家畜として生を受けた牛を 最期まで無駄にしないことが重要だと考えています。

 

原皮=南カリフォルニア・サンディエゴ 産のデイリーステア

トレイサビリティーのある世界最高のステアハイド

ステアハイドとは、生後18 ヶ月以内に乳 牛 の去勢された 雄の成牛のこと。気性が大 人しいため 肌(皮)に傷が少 な く、中でもザハイライツに使用するステアハイドは、気候が温暖で広大な牧場でゆったりと飼育されているため、 管理用の焼き印が無いことが特徴です。

 

*LWG

LWGLeather Working Groupは、タンナー、皮革製品製造業者、ブランド、販売業者、NGOなど、皮革産業に関連する様々なステークホルダーの関与により設立された組織のこと。皮革製造業者の環境パフォーマンスを向上させるためのプロトコルを開発し、持続可能な皮革産業を推進することを目的としています。

 

*アニマルウェルフェア

世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)による勧告では、「アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されていますザハイライツでは、このアニマルウェルフェアに基づいた温暖かつ広大な敷地で、たっぷりと愛情を注ぎ、大切に育てた乳牛の天然革を使用しています。日本では動物福祉、家畜福祉と訳される「アニマルウェルフェア」は、まさにザハイライツが共感する精神といえます

 

革の製造工程

LWGの基準に準拠した革の生産

◯原皮の保管

原皮は高温、温度の変化があると腐敗が少しずつ進行します。そのため、自社の低温倉庫で厳重に温度管理をして保管しています。

 

◯全ての工程において危険薬剤を使用していません。

 

◯原皮の洗浄、石灰漬け、毛抜き

ノニルフェノール エトキシレート(界面活性剤→洗剤 )を使用していません。その他、REACH規制*の対象となるものは使用していません。鉱物以外の薬剤はすべてドイツBASF社製のものです。


◯なめし工程→皮から腐らない丈夫な革にする工程

クロムはBASF社の三価クロムを使用しており、六価クロムから酸を還元して三価クロムを抽出するやり方ではありません。


◯染色→革を染色する工程 特定芳香族アミン24物質を形成する恐れのあるアゾ染料は使用していません。油脂については六価クロムを形成する恐れのある硫酸化油脂を使用していません。

*REACH規制

EU法化学物質の登録、認可、制限に関する法律。人々の健康や環境保護、EUの化学産業の競争力の維持向上を目的に2007年に発行されたものです。EUで流通される ものに対してはこの基準に準拠されたものでなくてはならず、企業に立証責任を持たせ、適合しないものは他のものに置き換えないといけないという厳しいものです

 

レザーを加工する水の種類

革の製造工程で使用する水は、工場内に100mの井戸を掘って80mから汲み上げた水を使用しています。これは被圧帯水層から湧き出る17°Cの定温の水で、安定した皮の加工が可能です

 

節水 水資源の保護

通常革を1枚加工するためには水が2トン必要になります。それを研究、技術開発、改善することにより、使用量を65%削減することに成功しました。1.3トンの節水 =1,300リットル(2リットルのペットボトルで650本分)成人が一日に必要とする水分の摂取量は2.5リットル(厚生労働省調べ)つまり成人の必要とする520日分の水を節約したことになります

 

節水

排水はLWGの規定にもある毎日水質検査(Ph検査)を行い、自然環境に流れても問題のないように処理しています

 

レザーの加工

天然のレザーを長く、安心して持ってもらうために必要な加工を施しています。使用している薬品はすべて危険物質を含まないエビデンスを持つ薬剤を使用しています。

 

低鉛染料

通常の染料に含まれる鉛を限りなく少なくした染料(Low Lead)を試用しています。BOKENの検査では検出されない程の量になっています。世界では時計バンドのレザーが最も厳しい基準で定められており、ザハイライツのレザーはその基準に準拠しています。

防水加工

革の表面に後加工するのではなく、革の加工工程で革の繊維の中に防水の薬剤を塗布しているため、論理的には防水の効果がなくなることはありません。また、表面の撥水性を高めるために、革表面にも防水加工を施しています。

抗菌加工

革は元来、皮から革に加工する工程で腐食しないように加工してあり、革自体に抗菌効果があります。さらに手や体に触れる表面にも抗菌加工を施しています。薬剤は Agイオン(銀イオン)を使用した抗菌剤*で、広い範囲の細菌に対して抗菌効果があります。また、均一微粒子で吸湿性がほとんどなく、耐熱性に優れ揮発性が無い為、長く表面に留まって効果を発揮します。また、抗菌加工とともに抗ウイルス加工*も施しています。薬剤の安全性は非常に高く、アメリカFDA(食品薬品局)、EPA(環境保護庁)の認可を受け、日本では SIAA(抗菌製品技術協議会)の認証も取得しています。近年では、インフルエンザウイルス、SARSなどの各種ウイルスに対しても抗菌効果を発揮することから抗ウイルス剤としての用途も期待されているものです。ただし、COVID -19 に対しての抗菌効果 は、未だデータの検証中により、効果が約束されたものではありません。

 

*六価クロムの危険性

三価クロムは広く自然界に存在し、人体を構成する必須元素の一つです。対して、六価クロムは非常に強い毒性を持ち、代表的な六価クロムのニクロム酸カリウムの致死 量は約0.5-1gです。非常に強い酸化能力を持つ不安定な物質で有機物と接触するとその有機物を酸化して、自身は三価クロムに変わる性質があります。かつて、その強い酸化性は皮のなめし、菌やバクテリアから皮を保護するために混合剤として使用されていました。それが廃液として流され、土壌に溶け込み、汚染し、農作物や肉製品に含まれてしまう食品汚染に引き起こしていました。人体への影響としては、皮膚や粘膜に付着した状態を放置すると、皮膚炎や腫瘍の原因になります。汚染された井戸水を飲むと、黄土を引き起こします。現在はその使用に関して日本では存在しませんが、海外ではまだまだ多く存在しています。

 

*抗菌剤 *抗ウイルス加工

現在のCOVID-19に対しての効果はまだ、データの検証中で効果が約束されたものではありません。

 

made in japan

安心・安定の日本国内製造

ザハイライツの製品は、品質の安定性を保つため、信頼のおける日本国内にあるファクトリーにて製造。一点一点職人による手作業で行われているため、お届けまで約11.5ヶ月ほどお時間をいただいております。

Shipping Period

Contains useful information about delivery time details.

thehighlights shipping policy.

About Pre-order

Describes build-to-order manufacturing and pre-order sales.

thehighlights pre-order.

Think The Earth

The production background considering the global environment is described.

thehighlights brand philosophy.